契約からご入居まで

契約申し込み・審査

契約に際し必要な書類は弊社の場合(他社物件の場合は多少違う場合があります)
 
  1. 居申込書
  2. ご入居者様本人の住民票または運転免許証・パスポート等公的証明書です。
    外国国籍方の場合は登録原票記載事項証明書も必要になります。
  3. 契約者が個人の場合は連帯保証人をつけていただきます。連帯保証人引受書と印鑑証明書をご用意下さい。
    連帯保証人の方は収入のある方で出来れば血族の方で物件所在地居住の方をお願いいたします。
    連帯保証人をお願いしたくない、または血族でも遠方に居住している場合等の場合は賃貸保証をご利用ください。

 

上記がそろいましたら、入居審査を経て契約書の締結をいたします。
賃貸保証システムをご利用の際は審査が通り次第になります。

 

契約書の締結・契約金のお支払

契約書の締結は弊社にお越しいただき、宅地建物取引主任者の主任者証の提示を受け重要事項説明を受けていただき、重要事項説明書・契約書の内容を十分理解した上で、契約書を締結します。
契約書の締結・契約金のお支払いが済みますと、鍵の引渡しをいたします。
重要事項説明書・契約書には入居から退去にいたるまでの様々な取り決めが記載してあります。
 
わからないところを、わからないままにせずにどんどん質問し、理解しましょう。
 

入居時チェック

鍵の引渡しを受けられ、入居の際に荷物が入る前に弊社社員または管理会社の社員の方と入居時のチェックを行ないましょう。
これは将来の退去時のトラブル回避に重要なものです。
チェックシートをご入居者様・弊社または管理会社社員の方と確認して、両者の署名をもって確認書類とします。
 
その際気になるところがあれば、写真撮影もいたします。
 

ライフラインの申し込み・行政機関などへの届け出

水道・電気はお部屋に備え付けのはがきを記載の上、投函すれば契約が終了いたしますが、ガス・灯油会社は入居時にお部屋にて開栓の手続きと同時に契約します。
ガス・灯油会社の手続きは3月・4月は混み合っているため、事前に電話予約されることをお勧めいたします。
 

転入に関する諸手続き(抜粋)

 転入関係  窓口  必要書類等
電気・ガス・水道
ライフライン
 (転入する)
各営業所
 電気:部屋に備え付けの利用開始届(はがき)

水道:部屋に備え付けの利用開始届(はがき)
ガス:ガス業者に開栓の申し込みと契約(TEL)
 住居転入届  (転入する)
市区町村役所
□印鑑

□転出証明
□その他
 通転免許の住所変更
(転入する)
免許センター
または
所轄警察署
□新住民票等住所の移動が分かるもの

□免許証
□写真(他県より転入の場合)
 自動車の登録変更  (転入する)
陸運事務所
□車庫証明

□印鑑
□新住民票
□車
□車検証
□自賠責保険証明書
 
公共料金自動振替え手続
(電気・ガス・水道
電話)
 金融機関 □新居での領収書等お客様番号の分かるもの

□通帳
□印鑑
 クレジットカードの
住所変更
 クレジット
会社
□各社にお問い合わせください
 各種保険の住所変更  保険会社等 □各社にお問い合わせください
 転校届(小・中学校)  (転入する)
市区町村役所
□在学証明書類一式等
 携帯電話の住所変更  各携帯電話
会社
□各社にお問い合わせください
 プロバイダーへの
住所変更
 プロバイダー □各社にお問い合わせください
 

ワンポイント

契約の際の重要事項説明書は宅地建物取引主任者が行なうこととなっております。
重要事項説明書の説明の際は宅地建物取引主任者証の提示を必ず受けましょう。
また、これがなされない会社とは契約しないほうが賢明でしょう。